カスタムカーの買取ならgurumi-ch.com

カスタムカーの売り方やカスタムカーが高く売れる車買取サイトを紹介しています。

中古車を業者ではなく個人売買で売る理由とは?

   

乗らなくなったり、好みの新車に買い換えたりするときに中古車をどのように処分するのかというと、そのまま廃車にするか、それとも業者に売るというのが一般的な方法です。しかし、これまで費やした費用を回収したい、新車の購入費用に充てたいというのであれば、高値で売りたいという気持ちが強くなるはずです。

そこで使われるのが個人売買です。業者に売る場合には、たとえば50万円で業者に売ったものを80万円で売って30万円が業者の利益ということになります。しかし、売り手と買い手が直接つながれば、売り手は70万円で売っても、業社に売るより20万円も高く売れることになりますし、買い手も10万円安く購入できるということになります。しかも、個人間売買では消費税はかからないので、コストの節約にもなるのです。

中古車販売の経験もない売り手が買い手を探すのは大変なように見えますが、今はネットで個人売買のできる場がいくつもあり、専門知識がなくても決済ができるようになっていますから、やり方さえ調べれば問題なく売ることが可能です。

個人売買のデメリットもある


もちろん、売れる場があって、買い手が見つかったからと言って、無事に取引ができるとは限りません。小さな荷物であれば郵便や宅配便で送れますが、車両ともなれば輸送の手間もあります。それに中古車の場合には、名義変更をして所有権を相手に移さなければいけません。

結果として、損失が出ることもあります。そういったトラブルが起きることが嫌だというならば、個人売買は向いていないでしょう。

ただ、完全な個人売買ではありませんが、個人売買サービスを利用するという手もあります。業社を間に挟むのですが、買取とは違い純粋に売り手と買い手を繋げるサービスです。利用料がかかりますが、名義変更などの手続きを代行してくれたり、金銭の授受をサービス経由で行うので個人情報が相手に伝わることもありません。

利用料は安全性、取引の快適さを得るための対価と考えれば、納得できるはずです。

 - 車を売るための豆知識