カスタムカーの買取ならgurumi-ch.com

カスタムカーの売り方やカスタムカーが高く売れる車買取サイトを紹介しています。

車高を低くした改造車は車検に注意

   

改造車で多く見られるのが、車高を低くすることです。ダウンサスという道具を使って車高を変えることができます。メーカー純正のショックアブソーバーを使ってスプリングを交換します。純正より短いスプリングに交換することで高さが低くなりますが、自分で行うと装備を傷つける恐れもあるので、工賃を支払って取り付けてもらうのが一般的です。

ダウンサスは2万円~5万円で販売されており、工賃に2万円~3万円かかります。取り付けたスプリングと純正部品との相性が悪い場合、走行性能が悪くなるので注意します。またスプリングが短いということは衝撃を吸収する力も弱くなるので、凸凹した道を走ると乗り心地の悪さを感じやすいです。他にも車高調整式サスペンションを使ったやり方もあります。

これはショックアブソーバーとスプリングがセットになっており、好きなように高さを調整できます。高さによってはドレスアップ目的ではなく、レーシング仕様にすることが可能です。ドレスアップするくらいの高さに調整する場合は5万円くらいが相場ですが、レーシング仕様になると20万円かかることも多いです。さらに工賃が加わるので、ダウンサスを使うより費用がかかります。

しかし上手く調整すると走行性能を上げることができます。どちらの方法もドレスアップできることを重視するドライバーが多いですが、車の入口が低くなることで乗り降りしやすいという面もあります。高齢者や子供が頻繁に乗り降りする場合、調整していた方が快適に使えます。ただし改造車は車検に通らないことがあることを知る必要があります。

車検に通る車高の低さは?

車検では前輪の真ん中から後輪の真ん中までの車体が9cm以上あり、アンダーカバーを装着している場所が5cm以上あることを最低基準としています。これを満たしていないと車検に通りません。実際に車検を行う人は、車の最も低い場所を測定することが多いと言われています。

最も低い場所として選ばれやすいのが、マフラーやリアデフです。これらの場所が9cm以上あれば車検に通りやすいので、改造車に乗っている場合は車検前にチェックしてみると良いです。タイヤに空気を入れて車高を上げることもできます。法律の範囲内であればドレスアップ目的でも走行目的でも車の高さを低くするのはドライバーの自由です。コストパフォーマンスを考えれば、ドレスアップならダウンサス、走行性能重視なら車高調整式サスペンションを選ぶのが無難です。

 - 様々なカスタムカー